学校にまつわる怪談

怖い話と学校について

未就園児

学校にある怪談について 

学校には様々な言い伝えがありますが、その中でもよくあるのが怪談です。過去に事故や事件があったという話だけではなく、その地域ならではの妖怪などを登場されたものも多いです。その多くは、夜中に校舎に忍び込むことがないように、戒めのようなものであることがおおく、実際にはただの作り話ということも少なくはありません。学校には様々な言い伝えなどがありますので、調べてみると楽しい話などもたくさん出てきます。子供たちが話題にすることで、生活が楽しくなったり、話題が豊富になりますので、そのような目的で作られたものもあります。

怪談は怖いから面白い 

学校の怪談を語られるようになったのは、高度成長期のときに子供たちが多くなってある程度の大きくて安い土地を必要だったので、安い土地=墓地の側だったり、かつて、墓地だった場所というイメージがありました、そこから、その地域の伝承や怖い話から噂になって、「学校の怪談」はできました。トイレの花子さんや口裂け女などの話もその仲間です。口裂け女は子供を早く帰らせるためにお母さんたちが流した噂話という説があります。やっぱり、思いこみやなんだか人が来なくて寂しそうな場所だからいろいろと想像で話してしまったのかなと思います。